株式会社 海外物産

  • 輸入販売とリペアショップ機能をあわせ持つユニークな商社

    1967年、弊社創設者が所有する小型航空機の稼働率を上げるための方策として、装備品の輸入及びその修理を行う商社として設立されました。それ以来、顧客満足度を向上させようという精神のもと努力を重ねて参りました。

    現在では、官公庁及び民間向け航空機用無線機器を海外メーカーから輸入販売し、国土交通省、総務省及び経済産業省の許認可を受けた弊社ショップにて、技術作業員が定期検査や故障診断・修理までのライフ・サイクル・サポートを提供し、ユーザー様から厚い信頼を頂いております。

  • イメージ01 イメージ02
  • 「お客様に喜んでいただきたい」全社員の願いです

    2000年代に入り、クラスでは世界最速のレオナルド社製小型ヘリコプターの代理店となり、同社初の日本国内スペア―パーツセンターを開設して少しでもユーザー様の機体のダウンタイムを短縮できるよう努力をいたしております。

    レオナルド社の機体が医療救命事業に採用され、大災害などに出動する自衛隊の支援装備機材、 衛星を使った救難捜索システム、航空機用救難無線機の取扱いを通して、国民の生命を守る業務に密接に携わっていることは社員全員の誇りとなっております。

    弊社は3省庁の管理の元、十分な安全及び品質の管理体制を取ってまいりました。
    また、以下のようにISO認証の取得、更新をしてまいりました。

    • 2014 年 10 月 23 日「ISO 9001:2008」(防衛航空機搭載装備品の整備用試験装置の設計・開発・製造)取得
    • 2017 年 9 月 24 日「ISO 9001:2015」移行更新
    • 2018 年 10 月 17 日「ISO 9001:2015」(防衛用航空機等搭載機器・部品の販売)変更更新

    いずれの業務でも基本に流れるものは、顧客満足度向上すなわち、お客様の機体等の装備の稼働率をできるだけ高めて安全に使って頂きたいという全社員の熱い気持ちです。

  • イメージ03 イメージ04 イメージ05

News

ハネウェル社航空機用高速衛星通信システムの実演機が飛来します
AW109SPドクターヘリ納入引渡式を実施
本社機能及び営業部門の事務所移転について
NEWS一覧はこちら