ZING HUMS VXP 搭載型は、ローターのトラック & バランス用データ取得及び修正解提示にも使用できます。
Honeywell ZING 高知能モニターシステム - ポータブル -
  • ZING TEST V2000+ (V2K+) ポータブル
  • ZING TEST VXP ポータブル

ZING™ TEST Vibrex 2000プラス (V2K+) 固定翼及びヘリコプター用バランサー・アナライザー

航空機が固定翼であってもヘリコプターであっても、またタービンエンジンでもレシプロエンジンでも、ハネウェルバイブレックス2000プラスは現場のニーズに答えます。


バイブレックス2000プラスは、振動分析及びバランシングのツールで、素早く正確に航空機やエンジンの振動データを取得し分析します。
そのデータを利用して、バランシングの解決策の計算や、広い周波数帯に亘る振動レベルの分析を実行します。
本バランサー・アナライザーは、航空機の振動の読み取り値を正確に取得し、プロペラやブレードのバランスを取ることに使用します。
その際、統合ディスプレーを使用することが出来ますし、ハネウェルまたは市販の紙チャートを使用することも出来ます。更にバイブレックス2000プラスをバランシングツールとして使用し、シャフトやブロワーのバランスを取ることも可能です。
オペレーターは、スペクトラム分析器によってローター及びドライブトレインの振動の概要を観察することが出来ます。


適応可能な航空機

バイブレックス2000プラスは、コンポーネントの周波数が600,000rpm以内、バランス速度が30,000rpm以下の航空機及びエンジンに対して使用可能で、このモデルはレシプロ機に対しても確実にマッチします。



ご希望の機体向けキット

バイブレックス2000プラスはソフトウェア、付属品及びマニュアルを含めた完全キットを、頑丈な携帯ケースに収納してお届けします。
ハネウェル(旧チャドウィックヘルムート)の製品は、50年以上の経験と300種以上のアプリケーションの実績を有し、実証済みの技術と高い信頼性を有しています。
新しい航空機が導入された時には、ハネウェルによるカスタムキットの開発が行われます。


V2K+の特徴

プロペラバランス / ヘリコプタートラック & バランス / 振動分析 / 複数のバランス作業に対し複数のチャンネルで対応 / 重量感度の自動修正 / プリンター、パソコンへの接続はRS232インターフェース / 一般的な単一乾電池使用 / ヘリコプタートラック & バランスにはストロベックスを使用

FAA承認済みプロペラバランス取得の簡単4ステップ

明快なマニュアルに従って、同時に4個のバランス取得が出来ます。計測器が自動的に重量変化に対するプロペラ応答を修正し、これらの修正値を次回のバランス取得の為に保存します。

“初回の当り”での解決は、たとえそれが最初の調整であっても、振動がより少ないことを意味します。 2チャンネルを使用するとプロペラとエンジン後部のバランスを同時に取得できます。

全ての測定値や感度、解決策、注記はメモリーに保存され、計測器ディスプレイ上で読み、オプションの感熱式プリンターで印刷し、パソコンにダウンロードすることが出来ます。

FAA承認のハネウェル発行の「スムーズプロペラ」と言う本をV2K+と一緒に活用すると、振動を少なくし、乗り心地を改善することが出来ます。


問題のある部品の発見

スペクトラム分析−スペクトラム分析を用いると、問題を生じている部品を簡単にピンポイントで発見することが出来ます。
「ピーク・リスト」スペクトラムプリントアウトにより、最大ピークを素早く見出せます。
2チャンネルを使用すると、プロペラとエンジン後部のバランスを同時に取得できます。
ハーモニック及び次数の特徴を使い、ミスアライメント、機械的緩み、或いはバランスの崩れを見つけ、整備の必要性を知ることが出来ます。


データは、ハネウェルの地上機材用ソフトウェアパッケージを使用して、見ることも保存することも出来ます。


ZING™ TEST VXP 航空機の振動分析と制御のスタンダードユニット

装備品、サブシステム、機体レベルのソリューションに秀でた性能と高い信頼性を提供します。


ジングテスト携帯型VXPシステムコンポーネント

ハネウェルVXPシステムデータ取得ユニット(AU)と表示ユニット(DU)、ソフト、携帯キットとセンサーで構成されています。VXPシステムは機体の各所に装着された振動及び回転計センサーに接続されます。


また、メインローターブレードのトラッキング用としてオプションで使用できるファストラック™光学トラッカーも接続できます。
VXPソフトは2種で、一つはオペレーションプログラムとしてVXP AUのEPROMメモリーに収納され、他方はサポートソフトとしてVXP DUに収納されており、VXPディスプレープログラム、Vib Review傾向監視ソフト、Vibralog先進予防整備ソフト等があります。
全てのデータは日付が与えられ、他のデータシステム(FDR / HFDM)と相関出来ます。


VXPの特徴

  • 太陽光の下でも読めるアクティブマトリクスカラーディスプレー
  • 使いやすいタッチスクリーン
  • 6チャンネルを迅速、同時にデータ取得
  • バランシングと分析に拡張型スマートチャートを使用
  • 入力は、48の振動、6のフォトセル / 磁気、ファストラック™ 及びアクセサリーチャンネル
  • ポータブル、オンボード、民間向け、軍用向け仕様在り
  • 75kHzの周波数レンジの性能、51,200ライン迄の分解能と90dB以上のダイナミックレンジ
  • 機体内のプリンターで、即座に整備アクションを印刷可能
  • ディスプレー上で、図やトラブルシューティング手順を明快に指示
- 拡張性 -

機種や技術は進歩し続けます。急速に変化するプロトコル、命令、要求に合致させる為の頻繁な変更が必要になります。
VXP AUは技術の進歩をサポートできるよう設計されています。
DUは、一層堅牢でユーザーフレンドリーな地上サポート機器やソフトウェアツールにすることをサポートするようになっています。


- 高い能力 -

全てのジング製品は航空機の駆動装置即ちエンジン、ギアーボックス、軸、ファン、ローターシステム、及びその他のダイナミックコンポーネント等の種々の部品に生じるデータの収集、分析、解釈をします。
いずれの場合でも、振動スペクトラムをエンジンの傍や、テストセル、その他の機体格納場所で見ることが出来ます。
データは保存されますので、熟練技術者がより詳細に分析できます。

システム構成品

VXPシステムは2つの主要構成品があります。ディスプレーユニット(DU)コンピューターとデータ取得ユニット(AU)です。VXPは環境とEMIのMIL-Spec要求を満しています。堅牢なデザインはフライトラインの厳しい環境でも高い信頼性と故障の無い作動をします。オプションで、船舶用にEMIを強化したモデルもあります。


データ取得ユニット(AU)

VXPデータ取得ユニットは各種のセンサーからの信号を取得し処理します。AUは最新の信号調節、デジタルシグナルプロセッシング(DSP)、データ変換、及びメモリー技術を使っています。伸長式コネクターにより、配線済みの機体に簡単に接続できます。


ディスプレーユニット(DU)

ディスプレーユニットは堅牢なインテルセンチュリオデュオ™ポータブルコンピューターです。表示は、選択メニュー、取得データを計算した解決策、その他の情報です。内部のディスクドライブは膨大なデータ保存能力を持っています。アクティブマトリックスディスプレーには明るく鮮明な画像や表示が現れます。コンピューターはウィンドウズアプリケーションと標準PCの環境で作動します


スマートチャートソフト

8500シリーズの様なハネウェルの前世代のバランス/アナライザーと同様に、VXP AUのデータ取得は直接的で、DUによる整備の解決策は明快です。AUはデータ取得と解決策編集をフレキシブルに行い、 DUのフルカラーグラフィックスは優れたトラック傾向プロット、ポーラープロットと解決策・選択肢を表示します。更に、DUは全ての振動限界を超えたデータを瞬時に表示できます。


モニター:見えない搭乗員

モニター機能を活用して、VXP AUはセンサーからのデータをユーザーが手を出すことなく、事前設定済みの間隔で取得、処理、記録します。処理され記録されたデータは飛行中でもクルーへの情報として活用することが出来、また飛行後の分析の為にダウンロードもできます。VXP AUの大容量内部メモリーと光学PCMCIAメモリーは典型的な数日間の飛行データを保存することが出来ます。


エンジンの振動

VXPは非常に柔軟に、簡単且つ正確にエンジンの加速減速テストを実施出来ます。精密なデジタルシグナルプロセシング技術を使ってブロードバンド、ナローバンドトラッキングフィルターを実行します。これは、高電圧回転計及び低電圧フォニックホイールと両立します。


ルートとスペクトラム

VXPの中に組み込まれている航空機ルートプログラムは、振動調査手順を自動化し、飛行時間を短縮します。Go/No-Goリミットチェックは自動的に行われ、制限値越えの部品は表示され、航空機のトラブルシューティングをスピードアップさせます。VPXの75kHz 周波数レンジと高解像度のFFTによって、ギアーとベアリングの振動が分析され、高額なコストの不具合が発生する前に問題を発見します。多数のセンサーを使った複雑な機体調査は正確に迅速に実施されます。


タッチスクリーン スピードデータ入力

VXPシステムの心臓部は堅牢なラップトップPCで、データを取得し、振動分析を実施し、結果を保存する為に必要なソフト全てをホストします。


お問い合わせ

詳細は株式会社 海外物産まで問い合わせください。