— 北海道 道南ドクターヘリ就航式を実施 —

2015年2月16日、弊社が輸入販売するアグスタ・ウェストランド社製AW109SP型機のドクターヘリの就航式が函館市内で行われ、鹿児島国際航空鰍ノより運航が始まりました。


AW109SPは長い航続距離と高速性能を活かし離島を含めた道南地域をカバー、120km離れた奥尻島には約25分で到達可能となりました。


道内のドクターヘリは、今回の導入で4機となり、AW109SPは機動性、高速性を活かして道民の皆様の救急救命医療の一役を担って参ります。


海外物産は、今後とも全国各地域に機動性、高性能、長い航続距離を有するAW109SPの導入を勧め、国民の人命を大切とした事業を営んでいく計画です。

AW109SP グランドニュードクターヘリの詳細はこちらから